抗酸化作用は体に備わっているけど、年齢と共に低下します

キャベツには抗酸化物質が豊富に含まれています

血管で言えば動脈硬化を起こし、酷くなれば心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気に結びつきます。食品添加物、水道水の塩素、タバコ、ストレス、大気汚染、シックハウス症候群、紫外線などなど、現代には過剰に活性酸素を発生させる環境に満ち満ちています。

抗酸化作用は本来人間の体に備わっています

これに対抗する抗酸化作用は本来人間の体に備わっていますが、年齢と共に低下します。
抗酸化物質が含まれている具体的な食品には次のようなものがあります。

βカロテンはニンジンや、ホウレンソウなど緑黄色野菜、ビタミンCは柑橘類、ブロッコリーなどですが、水溶性で熱に弱いので、ジャガイモのビタミンCは熱にも強いのでおすすめです。

ビタミンEはナッツ類やウナギなどに豊富に含まれます。亜鉛は牡蠣に豊富ですし、レバーも代表的な食物です。
セレンは魚やネギ、カテキンは緑茶や赤ワインに豊富です。アントシアニンはブルーベリーに豊富で目にも良いです。

抗酸化作用のある食物

トマトのリコピンは抗酸化物質

例えばカテキンが抗酸化作用が強いと言うのは、酸化されやすいカテキンが人間の体に代わって参加されるということです。抗酸化物質そのものはとても参加されやすいものだから、人間の体が活性酸素から守られるんですね。

イソフラボンは大豆に含まれ、女性ホルモンに似た働きをするので薄毛にも良いと言われてます。
セサミンはゴマが代表的な食物、リコピンはトマト、カプサイシンはトウガラシ、ルチンはそばに多く、アスタキサンチンは鮭に多く含まれます。

また運動面から見ると、激しい運動は活性酸素を過剰発生させ、適度な有酸素運動はむしろ健康に良いことは周知のとおりです。

酸化とは何でしょうか

有酸素運動が体の抗酸化力を高める

この適度な有酸素運動をすることによって、体の抗酸化作用が高まるいう研究結果も公表されています。

袋に入った食品の中にビタミンCなどが入っているのは、自らが酸化されて食品の酸化を防ぐということです。

酸素を使って活動する生き物は、活動によって必然的に生じる酸化物資を害のない状態に戻さないと病気になります。これが抗酸化ということです。活性酸素は免疫にとっても必要なものなんです。免疫力を高める抗酸化作用のあるサプリは、過剰な活性酸素を抑えます。免疫力を余計に失わず高めるためにも活性酸素を過剰に発生させないことが大事です。

タンパク質とミネラルから合成された、抗酸化酵素というものがあって、スーパーオキシサイド、ディスムターゼ(SOD)、グルタチオンベルオキシターゼ、カタラーゼの3つがあります。ミネラルというのは、亜鉛や鉄、銅やセレニウム、マンガンといった材料から作られます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ